ホーム 院内・スタッフ紹介 診療時間・アクセス フォトギャラリー
0574-27-6355

院長のメモ帖

2013年11月17日 日曜日

なんとか残留...FC岐阜ホーム最終戦

今年も、FC岐阜のホーム最終戦を観てきました。
最下位争いをしている鳥取との勝ち点差が4ということで、鳥取と同じかそれ以上の試合結果で残留が決定する試合。去年となんだか同じような状況で、正直もう少し上の順位になれないものかと思います。

試合は...もう振り返りたくないぐらいのワンサイドゲーム。開始3分でセットプレーから失点し、2点目も結構早い時間帯にやられてしまい、あとはそれほど攻めてこない相手にいなされているような感じでした。そして後半に3点目を奪われてからは、もうみんなの関心は他会場結果...まわりの人たちも試合よりスマホが気になります。試合終了後数分して、鳥取が負けて残留が決定したとの場内コールにこの日唯一の喜びの声が沸きました。

試合後、元代表選手の服部の引退セレモニーもありました。遠目によくわからなかったのですが、少し泣いているようでした。僕は、コンサドーレサポーターの方々も結構残ってくれてエールを送ってくれたのを見て、なんだかジーンときてしまいました。日本サッカーに大きな足跡を残した名選手がキャリアの終点を迎えるシーンをこの目で見ることができるチャンスを作ってくれたチームが、来年もまたこの地で試合ができることを素直に喜ぼうと思います。

投稿者 美濃加茂市のIT獣医師 近藤 博 | 記事URL | コメント(0)

2013年11月 2日 土曜日

PowerShellとC#の連携

最近、PowerShellスクリプトにはまってます。

PowerShellが出始めた当初は、パイプラインの考え方がなかなかなじめず全然使いこなせてませんでした。それというのも最初に買った何冊かの解説本のせいでもあります。いま読み返すと、著者がPowerShellを全く使いこなせずに書いたことが明確に分かってしまうほど内容の薄い本でした。

C#でLINQを使いこなしてからPowerShellの世界に戻ってい見ると、パイプラインの動作も簡単に理解でき、また3.0以降のPowerShellはかなりコマンドも充実してきたこともあり結構な数のスクリプトにサーバー管理を任せるようになりました。

ただ、僕のホームグラウンドはC#でして、だいぶ使い勝手がよくなったとはいえPowerShell IDEとVisual Studioの使い勝手の違いがどうしても気に入りません。また、Powershellの実行結果をグラフィカルに処理しようと思うと、Excelとかを使ってデーターを処理して、それをコマンドに直して実行させたりするのが結構めんどくさいので、C#で直接Powershellをいじれないものかと思ってしらべてみたら、ちゃんとやり方があるんですね。

1) 次のdllをプロジェクトに参照設定する。
C:\Program Files (x86)\Reference Assemblies\Microsoft\WindowsPowerShell\3.0\System.Management.Automation.dll
System.Management.Automation


2) コマンド内容を文字列Sourceとして、次のメソッドを使うと結果の列挙が得られる

public static IEnumerable<dynamic> RunCommands(string Source, object[] parameter)
{
 using (var invoker = new RunspaceInvoke())
 {
 System.Collections.ObjectModel.Collection<PSObject> results = invoker.Invoke(Source, parameter);
  return results.OfType<dynamic>();
 }
}


Powershellの結果は、PSObjectという動的な型にくるまれて帰ってくるので、そのまま使ってもいいのですが、これをDynamicにキャストして置けば、このメソッドを使うソースでは1)のusingを省けるのでキャストしています。プロパティー名さえ分かっていれば、これで必要な結果を取り出すことはできます。

また、PSObject.BaseObjectに元の型のままのオブジェクトが入っているので、元の型情報をdllを参照して用意できるなら、以下のジェネリックメソッドが使えます。

public static IEnumerable<T> RunCommands<T>(string Source, object[] parameter) where T : class
{
 using (var invoker = new RunspaceInvoke())
 {
  System.Collections.ObjectModel.Collection<PSObject> results = invoker.Invoke(Source, parameter);
  return results.Select(r => r.BaseObject as T);
 }
}


このジェネリック版を使えば、静的なC#の世界にすべてを持ち込めます。

この2つのメソッドで、PowershellでできることがC#から呼び出せるようになったので、グラフィカルな管理ツールを作成してみようかなと思ってます。

この記事は、以下のページを参考にさせていただきました。あわせてお読みください。
++C++;// 未確認飛行 C

投稿者 美濃加茂市のIT獣医師 近藤 博 | 記事URL | コメント(0)

新着情報

一覧を見る

2021/04/14

4/14(水)は、休診します。

2021/04/09

4/9(金)は、午前中休診します。

2021/04/07

4/7(水)は、休診します。

2020/04/06

しばらくお休みをいただいてましたが、本日より病院を再開します。
以前とは、診療日時が変わりましたのでご確認ください。


大きな地図で見る〒505-0031
岐阜県 美濃加茂市新池町
1-8-28

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ